ワークショップのお知らせ

12月14日(土)にソマティクス・ワークショップを行います。




ソマティクスでは、慢性的な肩こりや腰痛は、筋肉が知らないうちに習慣的に収縮し、自分で感じることもゆるめるこもできない脳の問題、センサリーモーターアムネジア(感覚運動健忘)が原因と考えます。

このワークショップでは、慢性的な筋肉の凝りや痛みを自分でほぐす、セルフ・パンディキュレーションという手法を紹介します。意識的に筋肉を収縮させ、それからゆっくりとゆるめることで、脳が筋肉の収縮を抑制し、リラクゼーションが高まります。

体の感覚に耳を澄ませながら、心地よく動かすうちに、筋肉がゆるむのを感じることができます。

無理したり、がんばる必要のない、やさしいエクササイズです。

ワークショップで行うワークは、毎日のセルフケアとして行うと効果的です。



午前の部(10時~12時)

「肩こりを自分でほぐすワーク」 

 

午後の部(13時~15時)

「腰痛をやわらげるワーク」

 

場所は午前・午後ともに地域活動支援センターそれいゆにて行います。

場所の詳細や料金についてはお問い合わせ欄からお願いいたします








ワークショップのお知らせ
 
 
ソマティクス」では
 身体を感じながらゆっくりと動かします。
 無意識の筋肉の凝りや緊張を意識してから
ゆっくりとゆるめることで
 意識(脳)を使って自分の身体を再教育します。
                        

今回のワークショップでは:
a.普段の姿勢や立ち姿、歩き方などを振り返ります。
b.自分の無意識の筋肉のパターンを感じてみます。
c.習慣となった筋肉のパターンを解消するために、どのように身体を感じ、動かせばよいかを学びます。

3時間半(休憩あり)という長い時間ですが、大部分は床の上で横になって行うフロアワークです。自分の身体に耳を澄まして、じっくりと向き合うことのできる時間になると思います。

日時:8月24日(土)午後1時~4時半まで
 
ワークショップの参加申し込み、料金などの詳細については当ホームページ「お問い合わせはこちら」よりお願いいたします。

お知らせ

7月13日(土)~7月21日(日)までカリフォルニア州のノバトソマティック研究所のトレーニングにアシスタントとして参加中です。

本のご紹介

  

2013年6月21日に、BABジャパンより「ハンナ・ソマティクス」が発売になりました。(画像をクリックすると拡大します。)

ハンナ。・ソマティクスの理論とキャットストレッチという体操がイラスト付きで描かれています。また、「ソマティクス」という言葉の由来、成り立ちが説明されています。
著者の平澤昌子はアディクションの回復施設でこのハンナ・ソマティクスを教えています。クライアントがワークを通して、どのように自分のカラダを思い出していくのかも描かれています。


2013年7月5日発売の隔月刊誌「セラピスト」8月号に紹介記事が掲載されています。



ハンナ・ソマティクス創始者トーマス・ハンナ著の「ソマティクス」です。
洋書ロングセラーです。
センサリー・モーター・アムネジアの理論とたくさんのムーブメントが写真付きで出ています。トーマス・ハンナの業績が凝縮された一冊です。
ハンナ・ソマティクスについてもっと知りたいという方におすすめですが、その理論とハンナの視点は、あらゆるボディワーカーを納得させるものです。



トーマス・ハンナ著「The Body of Life](洋書)
初版1979年
ハンナは神学者、哲学者、身体学者でした。
この本は、カラダを哲学しています。
身体論、哲学に興味のある方にはとても興味深い一冊です。
天才ハンナのユニークな視点、
そして米国で「ソマティクス」という分野が生まれる背景がわかります。
ハンナとフェルデンクライスの関わりも描かれています。



プロフィール

平澤 昌子 (ひらさわ まさこ)


公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター(Certified Hanna Somatics Educator)
米国ハンナ・ソマティクス公式トレーニングアシスタントトレーナー
臨床心理士
YIC認定ヨガ教師(札幌第10期)

北海道滝川市生まれ

人生を模索中の
2000年、トランスパーソナル心理学を学ぶために、
米国カリフォルニア州立大学ソノマ校に留学を決意。

留学先でヨガ心理学の講座を受け、ハンナ・ソマティクスを初めて体験しこころとからだのつながりを実感。

身体心理学に興味を持ち、サンフランシスコでハコミ・ボディサイコセラピーのトレーニングを修了。

2004年に帰国後、精神科心理士として勤務しながら、ハンナ・ソマティクスのトレーニングを受講。

身体技法を使ってこころの問題にアプローチすることを模索しながら、
2008年に公認ハンナ・ソマティック・エデュケーターに。 
2013年、セイブルック大学院にて心理学博士号を取得。 専門はソマティクスとメンタルヘルス。

2014年より米国カリフォルニア州のノバトソマティック研究所にて、アシスタントとしてトレーニングに参加。現在はStudent teacherとしてティーチングティームに参加。

現在、札幌で女性のアディクションからの回復を専門的に支援するNPO法人リカバリー、北海道ダルクで、ソマティクスを使ったボディワークとヨガを教える。

2017年より青十字サマリア館でアルコール依存の回復のためのボディワーク講師。

ハンナ・ソマティクスの個人セッション、グループレッスンも行っている。

お問合せは下記メールまたはお電話で
masakohirasawa@gmail.com
080-1875-8983



       

セッションのご案内



ハンナ・ソマティクスの個人セッションは床でやるエクササイズとは少し違います。
グループレッスンとちがって、直接プラクティショナーから手技による負荷を受けながら、意識化を深めます。

注)プラクティショナーはカラダを引っ張たり無理に動かしたしはしません。

セッションの大体の流れは
①アセスメント
②プラクティショナーとの共同ワーク(負荷を受けながら、クライアント自身も意識的に体を動かします)。
③自分のニーズに合ったエクササイズを教わります。
④重心を整えます。



個人セッションは、完全予約制です。

金曜日(午後)、土曜日、日曜日


2018年7月より以下の通りです。

料金 ショートセッション(60分)10000円 

ロングセッション(90分)15000円

※初回はロングセッションのみ


場所 札幌市東区北33条東15丁目1-1エクセレムビル4F
地下鉄新道東駅5番出口より徒歩1分


ご希望の方はメールまたはお電話で
masakohirasawa@gmail.com
080-1875-8983(平澤)