投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

東京のワークショップの参加申込みはまだ受け付けいます。

エレノア・クリスウェル・ハンナ博士をご招待してのワークショップ、 いよいよ間近となりました。 トーマス・ハンナがつくったハンナ・ソマティクス。 私が自分の大切なカラダと全然つながっていないことに気づかせてくれたのは、このワーク。それから、自分のカラダの声をもっと聞けるように助けてくれたのもこのワークです。ハンナ・ソマティクスを教え始めて、多くの人が、やっぱり自分のカラダを大切にすること、カラダを意識することを学んでくれました。 ハンナ・ソマティクスは、私たちが自分らしく、自由に生きていくために、とても大切な知識とスキルを私たちに教えてくれます。 今回のワークショップは、そのハンナ・ソマティクスに人生を捧げてきたエレノア・クリスウェル・ハンナ博士が教えます。 日本でエレノア先生のハンナ・ソマティクスを体験できるまたとない機会です。 ひとりでも多くの方に参加していただきたいワークショップです。 関西はあと数名ですが受付可能です。 東京は会場が広いので50名でも余裕のあるお部屋です。すでに多くのお申込みをいただいておりますが、まだ受け付けております。 お申込み方法は、 masakohirasawa@gmail.com 080-1875-8983 平澤宛てにご連絡ください。 ご連絡後に、こちらから参加費お振込み口座と詳細をご連絡いたします。 ご連絡お待ちしております。

10月奈良と11月東京ワークショップ、まだ申込み受付中です。

イメージ
先日、心理士の災害支援研修会で講師としてハンナ・ソマティクスを紹介する機会がありました。災害トラウマをリラックスさせる方法として、身ひとつで、いつでもどこにいてもできるハンナ・ソマティクスは安全且つ効果的です。研修会ではっと気づいたのですが、トラウマって災害であれ虐待であれ、筋肉のレベルでは区別なく同じ現象が起こっています。つまり、トラウマの種類に関かわらず、身体のなかでは起こることは同じ、ということに改めて気がつきました。それはアディクションであっても同じです。アディクション・リカバリーでソマティクスを教えて10年になりますが、彼らもまた様々なトラウマ体験がバックグラウンドにあり、だからこそ、ソマティクスのようなリラクゼーションが必要で、効果を感じてくれているのだと思いました。 この秋のエレノア・クリスウェル・ハンナ先生によるワークショップでは、このあたり、詳細にお話ししてくれます。様々なトラウマー発達トラウマ、災害トラウマ、虐待などによる心理的・身体的トラウマなどーが身体(筋肉)にどのように無意識の影響を及ぼすのか、そして、無意識の緊張をリラックスさせるにはどうすればよいのか。そのしくみを理解し、実際に簡単なエクササイズを体験することで、より効果的に、効率よく、身体をリラックスさせることができるはずです。ワークショップ参加申込受付中です。今回は心理・福祉分野の方から多くお申込みいただいております。分野や技法を問わず、その理論とエクササイズを生かすことができます。ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。、 😊