ハンナ・ソマティクスとは

ハンナソマティクスは、脳と筋肉の再教育です。

ハンナソマティクスは、
脳と筋肉の再教育です。

筋肉を意識的に緊張させてから
ゆっくりと、その筋肉の緊張を
意識的に緩めます


ハンナ・ソマティクスでは、
ゆっくりと緩める時に、特定の筋肉をターゲットにし、
意識的に、その筋肉の収縮を抑制する
パンディキュレーションという手法を使います。


この手法は
センサリー・モーター・アムネジア
と呼ばれる理論に基づいています


センサリー・モーター・アムネジアとは:

・慢性的(自動的/習慣的/無意識)な筋肉の緊張
・脳に収縮の自動化がセットされた状態

    
慢性的な筋肉の緊張は
身体が繰り返しストレスを受けることによって起こります。

筋肉は、毎日のストレスに絶え間なく反応し、
収縮を習慣化します。

慢性的な筋肉の緊張は、
事故や手術など、身体がなんらかの衝撃を
受けることから起こることもあります。


傷や衝撃を受けた筋肉は、収縮することで
身体を守ります。

ストレスに対する反応、反復、事故や手術などによって起こる慢性的な筋肉の収縮は、
脳が、筋肉を自動的に収縮させるため、無意識です。


脳をリセットしない限り
筋肉は永遠に収縮を続けます。


肩こりや腰痛、姿勢の歪みなど、様々な身体的症状は
センサリーモーターアムネジアが原因と言えます。


センサリー・モーター・アムネジアの解消

センサリーモーターアムネジアは
脳に収縮の自動化が既にセットされた状態です。


無意識に起こる収縮は
脳の下層レベルで起こります。


センサリーモーターアムネジアを解消するには、
無意識の収縮を意識化し、
筋肉を意識的にリラックスさせることで、
リセットされます。


無意識の収縮がリセットされれば、
筋肉はリラックスし、
柔軟性と弾力を取り戻すことができます。

凝りやはり、痛みが解消され、
再び、自由に動かすことができるようになります。


ハンナ・ソマティック・エクササイズ

ハンナ・ソマティクスでは、
特定の筋肉を意識的に収縮させ、
それからゆっくりと、意識的に緩めます



この動きを身体の各部位で丁寧に行うのが、
ハンナ・ソマティック・エクササイズです。


筋肉を一旦は収縮させ、
それからゆっくりと少しずつゆるめることで、
無意識だった筋肉の収縮を意識化し、
今度は、リラックスさせることができるようになります。

脳の根本的な部分をリセットし、
新しい動きと感覚を身体に教える
脳と筋肉の再教育をしていると言えます。



ハンナソマティクス創始者トーマス・ハンナ


米国の哲学者である、トーマス・ハンナ(1928-1990)は、
カリフォルニア州ノバトでソマティック研究所(Novato Institute of Somatic Research and Training)の設立し、ハンナ・ソマティック・エデュケーション・トレーニングを開始しました。イスラエル出身の物理学者、モーシェ・フェルデンクライスと親交が深く、
1975年に米国初のフェルデンクライスメソッドのトレーニングを開催し、米国に広くそのボディワークの手法を紹介しました。ハンナ・ソマティクスはフェルデンクライスメソッドを基礎としています。